万一の場面でもおちついて!災害への備えとは

近年に味わった天災の記憶は、否が応でも時間経過に伴って薄くなってくるものです。しかしながら天災自体は忘却したタイミングで襲来するものです。ですから日常から自分がよくいる場所で災害への対策をしておく事は極めて大切で、こういった作業については男性の方が先んじてやるのが良いでしょう。圧死の他に、家具転倒のせいで逃げ口を失って、外に離脱が出来なくなってしまうという難題もあり得ます。家財類の転倒防止のための留め具が販売されていますから、こういった道具を入手して壁等に据えつけて下さい。事務所ですとか住居などの家財類について再チェックし、倒れこみ防止用グッズを設置したり工務店に作業をお願いする事、あるいはビル自体を手がける耐震作業を事前防災という風に言います。早めに調べてみませんか。お気に入りブログのご案内

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です